Return to site

りんごとレモンの出会う場所

先週のMIRAI TOKYOにはいろいろな方が遊びにきてくださいました。
ある1日を紹介しますと。
大阪から、元国立大学の先生で圧倒的な読書家。
海の近くから、元大手広告代理店クリエイターで、ドキュメンタリーの映画監督。
大きな荷物を恵比寿から持ってきてくれた、元SE、元ベンチャーコンサルの映画プロデューサー。
フランス帰りで、今は京都でアニメのベンチャーをやっているニックネーム「美人」。
秋田から、りんごのお酒シードルの関連の人かと思ったら、コーヒーも焙煎する薬剤師。

沖縄通にして、吉田類が大好きで、元宝塚と噂されるかっこいい系の姉さん。
美人な白猫(に見える実はおっさんネコ)の飼い主の姉さん。
などなどが、ちょっとずつ時間をずらして、ちょっとずつ重なり合いながら、MIRAI TOKYOに来て、出会って、自分のタイミングで帰るわけです。

 

ある人は、「わー、先生、それ私がずっと探してた謎の答えです」と言い、

ある人は、「秋田のりんごと広島のレモンのコラボイベントやろうよ」と言い。

「せっかくだから、一緒にご飯行こうか」となり、
お店の人に「みなさんはどういうお知り合いですか?」と聞かれて、

「ほんの20分前に知り合ったばっかりです」と答える。
自分の半径1メートルが、特に出会う予定もなかった別の誰かの半径1メートルとちょっと重なるだけで、全く予想しなかったことが起こるものですね。
リアルな場を作った意味が、作ってみてわかりました。
めんそーれー、MIRAI TOKYOへ。
何の目的がなくてもいいですよ。気が向いたら、来てみてください。ゆるっと何かが始まる場所のようです。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly