• MIRAI SCHOOL

    なりたい自分を見つける

    なりたい自分に近づく

  • STORY

    なりたい自分に近づくプロセス

    MIRAI TOKYOに住む、通う学生は、

     

    ・シェアハウスの若手社会人
    ・多様な MIRAI MEMBER
    ・地方や首都圏のメンター

     

    「MIRAI TOKYO BASE」「MIRAI TOKYO HANGOUT」を通じた彼らとの対話、ディスカッションによって育てられます。

    そして地方の中高生や社会人と関わる中で、よりよい故郷、よりよい地方を考え、自ら問いを立て、役割を与えます。

    これが「MIRAI TOKYO MY PROJECT」となり、学生自らリーダーシップを発揮し、周囲の先輩を頼りながらプロジェクトを進めていきます。

    テキストを追加する

  • MIRAI WAY HANGOUT

    都市と地方を越えた対話

    MIRAI TOKYO HANGOUTとはリアルとインターネットを活用してMIRAIの溜まり場を作る仕組みです。

    居住地に関わらず、すべての関わる人が強みを持ち合って対話することで、自分の強みを考えるきっかけになると私たちは考えます。

     

    MIRAI TOKYOに関わる学生はこの仕組みを利用してMIRAI MEMBERやメンター、地方の学生と対話を重ね、自身に問いを立て、役割を与えていきます。そしてMIRAI TOKYO MY PROJECTとして実際に問いに挑んでいきます。

    テキストを追加する

  • MIRAI WAY MY PROJECT

    なりたい自分になる力

    MY PROJECTとはMIRAI TOKYOに関わる学生がリーダーとなり、地方の社会人や中高生と協力して故郷の課題に挑戦する取り組みです。

    この取り組みを通して多様な地域、世代の人と関わり、さらに故郷が抱えるリアルな課題と向き合い、解決のために動くことで、実行力やリーダーシップなど未来に活きる力を磨くことができます。